LOADING...
ページトップへ
株式会社オルウェイズ

NEWS & TOPICS

立川談之助

師匠の立川談志ゆずりの古典落語はもちろん、世相を鋭く切る世相巷談は、落語界でも右に出るものはいないと評判。また、パフォーマンス芸「懐かしのスーパーヒーロー」は、お年寄りから子どもまで喜ばれる内容と各地で好評を得ている。

■職歴・経歴
1953年6月 群馬県前橋市生まれ
1971年4月 明治大学商学部入学(76年卒業)
1974年7月 立川談志に入門、当時談志が参議院議員だったため弟子兼私設秘書として3年間国会に通う。前座名「立川談Q」は日本最初の英字の落語家。
1978年7月 二つ目昇進、「談之助」と改名。
三遊亭円丈主催の「実験落語会」に参加して、「懐かしのスーパーヒーロー」で「花王名人劇場」をはじめ演芸、バラエティ番組に数多く出演。日比谷公園の反消費税集会の10万人の前で自作の時事落語「消費税を切る」を口演。
1992年 落語立川流から真打昇進。
落語、講演、パフォーマンスの他、「トリビアの泉」アドバイザー唐沢俊一らの「と学会」に所属。「トンデモ本」関連の執筆多数。趣味のパソコンゲームの攻略やレビューを各パソコン雑誌に連載、「美少女ゼミナールの談之助教授」としてパソコンゲーム業界で知られる。