LOADING...
ページトップへ
株式会社オルウェイズ

NEWS & TOPICS

大畑大介

元ラグビー日本代表

小学校3年生からラグビーを始め、東海大仰星高校時代には高校日本代表に選出される。
京都産業大学へ進み日本代表として活躍、1998年に神戸製鋼入社し、日本のトライゲッター、エースとして活躍し、世界にその決定力を印象づけた。
2001年には世界への飛翔を見据えて、オーストラリアのノーザンサバーブ・クラブでプレーし、2003年にはフランス・モンフェランに入団を果たす。
2003~2004年シーズンからはラグビートップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズにプロ選手として契約を交わす。その後日本代表キャプテンを務めるなどラグビー日本代表の牽引者として、W杯に2度の出場を果たす。
さらには2度のアキレス腱断裂を経験するも「為せば成る!」の不屈の精神は健在で、代表試合トライ数世界新記録を樹立、その記録を69トライまで伸ばす。
加えて、その卓越した運動能力はラグビーに留まらず、スポーツ界全体でも高い評価を受けおり、TBSテレビ系「スポーツマンNO1決定戦」では、他のスポーツ競技の有名選手と競い2度の優勝を成し遂げている。
2010年~2011年のシーズンをもって、現役を引退。現在はラグビーの普及やラグビーを通じた人材育成、またラグビー協会と共に2019年に日本で開催されるW杯ラグビーを成功させるべく、メディア、講演等で精力的に活動中である。

■講演項目
「為せば成る」
「『根拠のない自信』を信じろ!~根拠はおのずとついてくる~」
「今を一生懸命生きられない者に未来はない」
「ラグビーは社会の縮図だ!」
「迷ったら、しんどい道を進め!」

■著書
『信じる力」 (KKベストセラーズ)
『不屈の「心体」なぜ闘い続けるのか』(文藝春秋)
『トライ』 (PHP研究所)