LOADING...
ページトップへ
株式会社オルウェイズ

NEWS & TOPICS

藻谷浩介

日本総合研究所 主席研究員

山口県生まれの46歳。東大法学部卒業、日本開発銀行入行、米国コロンビア大学ビジネススクール留学、日本経済研究所出向などを経ながら、2000年頃より地域振興の各分野で精力的に研究・著作・講演を行う。
平成合併前3,200市町村の99.9%、海外59ヶ国を概ね私費で訪問し、地域特性を多面的に把握。
2010年度より現職。

■講演項目
「アジアで進む人口成熟と日本経済の活路」
「市町村合併」
「『経済の曖昧』景気との決別、まず自分にできることを」
「市民生活から見た土地の境界」
「ニッポンの地域力」
「“景気”で右往左往しない経営とは」

■著書
『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く 』(角川oneテーマ21)
『IT革命とモバイルの経済学』(東洋経済新報社)
『海外の中心市街地活性化』(日本貿易振興会)
『自立する地域』(ぎょうせい)
『中心市街地活性化のポイント』(ぎょうせい)
『クラスター戦略』(共著/有斐閣)
『ニッポンの地域力』(日本経済新聞出版)
『デフレの正体』(角川書店)